ISMS基本方針

HOME > ISMS基本方針 

ISMS(情報セキュリティ)基本方針

社員全員で情報セキュリティの維持と継続的な改善を図っていくことを宣言する。
情報セキュリティを積極的に推進するためIS委員会を設置し、情報セキュリティシステム構築の確立、導入、運用、監視、見直し、維持及び改善をする。
基本方針の効果な実施を確実にするために、資産に対して適切な対策をとる。

ISO27001に従って、以下の事項を目的とする。

1.情報セキュリティマネジメントシステムに関連する資産を適切に保護する。
2.関連する国内国外の法規制要求事項を順守する。
3.関係する要員全員が情報セキュリティに対する責任と手順を認識し、十分に訓練する。
4.事業継続計画を導入し、災害時にもサービスを継続することを確実にする。
5.基本方針の違反者に対し、服務規定に則り、厳格な措置をとることとする。

画像

平成21年 1月 7日: 制定
平成27年 1月 5日: 改訂
協和情報開発株式会社
代表取締役社長 中川 孝志